ラッピングボートで趣味を満喫

イベントや映画の宣伝を施したラッピング電車や路線バスは、人目を惹くことや見た目のおもしろさからすっかり市民権を得ました。

電車やバスや車などの乗り物にラッピングをする技術は、写真やイラストを印刷したフィルム状の物を貼るだけなので、趣味のボートなどにも応用されており、見た目だけでなく紫外線による船の劣化やキズの防止にもなるのでボート愛好家の間で年々需要が高まっています。表面がアルミニウム製の物アルミボートやガラス繊維強化プラスチックのFRPボート、船舶免許の不要な小型から免許が必要な大型までほとんどの船にラッピング可能です。

プロのデザイナーが依頼者の趣味を考慮しながらデザインしてくれるので、必ずやカスタマイズ感満載の船に仕上がります。フィルムにはメタルカラーやラメ入り、蛍光色や反射材入などの特殊なシートもあり、内装も貼れてフィルムの屋外耐久年数は3年もあるのでかなりお得です。

せっかくのボート趣味を満喫したいなら船の見た目にも凝るのが通というもので、ラッピングで世界でオンリーワンな船に仕上げることができます。もともと海外の愛好家ではメジャーなラッピングでしたが、近年の日本でもバス釣り大会などで参加者のグループを模したデザインのフィルムを貼った船で出場するなど、かなり定着してきました。フィルムは自分でも貼れますが船は曲線が多く、曲線の部分は温めながら貼るなどの技術が必要なためプロの施工会社に依頼するのが得策です。
ボートのラッピングのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *