趣味でボートをするならラッピングも

海や湖などで乗って遊べるものと言えばボートがあります。

単に水上を運転して遊ぶだけでなく趣味の釣りなどに活用することも出来ます。ボートと言うと手で漕ぐタイプもありますが、車と同じように動力をつけて航行出来るものもありますし、そのタイプだと船舶免許が必要と思うかも知れません。実は小型のボートで、出力の小さな動力を付ける場合、船舶免許を取得しなくてもいいようになりました。全長やエンジンの出力が基準以下になるものなどの、いくつかの条件があります。いわゆるミニボートといったタイプです。

ですので、趣味で始める人も多いかと思いますが、港に係留させると料金がかかります。週に1回とか月に何度かという頻度で使うだけなら、その料金はかなりの負担になるはずです。さいわい小型のものは車の屋根に乗せて運ぶことも可能です。ですので、自宅で保管することも出来ます。ところで、自宅から運び出して車の屋根に乗せたり、それを外して水面に浮かべると慎重にやらなければ、船のボディーに傷が付くことも無きにしも非ずです。

そういった時にはボディーを少しでも保護するためにラッピングをするといいかもしれません。ラッピングとは塩化ビニールのフィルムを船体に貼ることです。その塩化ビニールには印刷も出来るので、自分の趣味や好みのデザインを施すことが出来ます。船体に多少の凹凸があっても大丈夫だそうです。ミニボートの場合、どれも似たような船体に見えたりもするので、目印代わりにもラッピングを施すといいかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *