路線バスのラッピングについて

私達が生活する中において様々な所に移動する事が頻繁に起こります。

その時の移動手段として最も身近のなものに路線バスがあります。地下鉄では行けないような所まで私達を運んでくれます。そういう事もあり私達が路線バスを見る機会が頻繁にあります。様々のデザインの路線バスが走っているのをよく見かけますが、何台かに一台の割合で通常のバス会社の装飾とは異なるバスが走っているのを見かけます。その内容については、商品の広告の場合もありますし、上映中の映画の宣伝の時もあります。

みんな色鮮やかで大変印象的ですが、どの様にしてこの様な装飾が施されているのでしょうか。この様な装飾は、塗料を塗装したものではありません。ラッピングという技術を使って装飾を施されたものです。このラッピングとは高分子薄膜にプリンタで画像を印刷し、それを路線バスなどの大型車両の側面に貼り付けるものです。

このラッピング技術のメリットは、同じデザインの高分子薄膜を幾つでも印刷する事が可能ですので、一時に多数のバスの側面に同じデザインで埋め尽くし、街中を巡回させることにより大きな宣伝効果を得る事ができます。また、ある期間後に薄膜を取り除く際にも便利な特性があります。ここまで述べた様にデザインは高分子薄膜の上に印刷されていますので、この高分子薄膜を剥がしてやれば印刷を簡単に取り外す事が可能です。その際の日数も必要人員も塗料で塗装行った場合と比べ非常に少なくする事が出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *