路線バスのラッピングです

毎日決まった時間に、路線バスが道路を走る光景はいつもの見慣れたものであり、何ら不思議なことも感じずに利用している人たちがほとんどであります。

通常はバス会社によって、バス本体に書かれている文字や色などが決まっているために、実際には見ていなくても、いつも通りのバスが道路を走っていると想像しているのです。しかしこれが一旦変わって、路線バスに思いもかけないラッピングがされていたとしたら、バスがくるのを待っていた人たちはもちろんのこと同じ道路を走っている他の車の運転手など、あるいは道を歩いている人たちもあっと驚くことになるのです。

それは自分の頭のなかに描いていた、同じ会社の路線バスとは似ても似つかないものだからです。それほどまでに道行く人を驚かせ、また描かれている文字や色、あるいは全体的な構図に対して魅了されてしまうのです。動いている車に行うラッピングというものは、このようにいつもは何もなく最低限必要なことしか書かれていない本体に、色も鮮やかなラッピングがされていることで全く違った結果を導き出します。

人の目というものは、珍しいものやあるいは思いがけないものに対しては、興味を持ってさらに見ようと行動することが多いものです。目が離せないとはこのようなことを言いますが、反射的にもワクワクする自分を認めてしまうものです。見ている人が大人であれまた子供であれ、また見てみたいと思うことで宣伝効果はすでに生み出されたといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *