路線バスのラッピングは静止画としての機能も

最近路線バスに全面広告が記載されているのを見かけることが多くなりました。

東京都営の路線バスに導入されたのが最初ですが、地方のバスにもずいぶん取り入れられるようになりました。ローカルな温泉施設や地元の病院など目立つ広告に適した企業は多くあります。静止画でじっくり見てもらえる時間があるのも路線バスならではのいいところです。地元企業では、看板を立てるより移動広告で印象深いラッピング広告になります。また、地元での評判にもなるアプローチで取り入れられることが多くなりました。

路面を走行する自動車の広告を見る人は、少ないようで以外にみているものです。なぜかと言えばバスのボディは大きく見えないようでとても目立つ対象物です。路線バスは、バス停ごとに停車していきますから静止画像として広告する媒体として適しているのです。ラッピングは、簡単にはがして新しいものにすることができます。期間契約で企業と契約を交わすことで定期収入をラッピング広告をすることで得られるのです。

地方では、路線バスを維持していくのが大変な場所もあります。収益源として広告の掲載はメリットがあることになります。大都会でもラッピングを用いた広告のメリットは大きな効果をもたらしているケースが多いのです。イベントの紹介など使い道を考えた企画をアナウンスする手段としても優れています。ラッピングは、バスの車体の汚れを少なくするメリットもあるということで活用はこれからも続いていくことが確実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *