イベント車両にラッピングするのはそれほど難しくない

街中をカラフルに染め上げて走るイベント車両を時たま見かけますが、結構お金がかかった宣伝だと思っていませんか。

実はイベント車両を作るのはそれほど難しい事ではないのです。現在主流になりつつある手法がラッピングと言って、あらかじめ印刷したフィルムを車体に貼り付けていくというものです。従来の塗装であれば、車本体をキャンパスにしていわば絵を描いていくものだったので、仕上がりには工場の技量が直接関わってきますし、何より作業工程が煩雑で時間がかかり、かつどんなに気を付けて作業をしても金属部分へのダメージは避けられないといった問題がありました。

当然費用もかさみますし、短期間のイベントで用いるにはかなり高価なものとなってしまっていました。しかしラッピングを使えば、イベント車両に関するこれらの問題はほとんどが解消されます。まず、事前の印刷を行うことで仕上がりは出来上がってみないと分からないといった不安定要素がありません。

車両に塗装をするわけではないので車体を傷つける心配もありません。更にラッピングは容易に脱着が可能なため、短期間のイベント車両の利用でも稼働率を落とさずに回転させる事が出来るのです。広告主にとって何よりうれしいのは費用もぐんと抑えられる事です。ある地域にいる人にアピールする媒体としてイベント車両のラッピングは効果的です。このように画期的な方法であるラッピングを用いれば、宣伝の幅が広がるのは間違いありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *