イベント車両にもラッピング広告はメリットがある

イベント会場で利用するイベント車両、この車はレンタルなどを利用して一定期間の中で使用しているケースが多いものです。

いわゆるレンタカーを借りてイベント会場で周遊を行いないながら宣伝を行うもの、車体には広告が記されているのですが、レンタカーに広告を貼り付けることはできるのか疑問に思う人も多いことでしょう。イベント車両は専門の会社がレンタルを行っているもので、車体に記されている広告はラッピングと呼ぶものです。イベント車はイベント終了後には返却しなければなりませんので、広告もきれいに取り去らなければなりません。

ペンキを使って広告を記してしまうと、塗料を取る時に車体の下地にも傷を付けてしまうなど、レンタカーを駄目にしてしまうリスクが生じます。逆に、セルなどを使ってイベント車両に広告などを行うとなると、見栄えも良くない天候に左右されるなどのデメリットもあります。

ラッピングは印刷を行ったフィルムをボディに貼り付ける施工方法で、塗装よりも施工期間が短いこと、広告を取り除く時にもフィルムを剥がせば良いなどの特徴を持ちます。ラッピングはボディそのものを傷つけることはないので、レンタカーで利用しているイベント車にも最適ですし、フィルムは耐水性や対候性が高めなどからもイベント期間中に雨が多く降っても広告の品質が損なわれることもありません。さらに、施工に掛かる時間も短いため、イベント用の車両をレンタルする期間も短縮できるなどのメリットもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *