ラッピングで簡単にイベント車両を作れます

イベント車両を作りたいと思っても、費用がネックになって採用出来ないとお考えなら、ラッピングを検討して頂くとよいでしょう。

塗装に比べて安価で仕上がりもよいラッピングは、イベント車両作成には今や無くてはならない技術です。現在では、ラッピングが出来る施工業者も増えていますので、依頼するのにそれほど困らないものとなってきています。この方法が優れている点は、フィルムに事前に印刷しているので、希望している仕上がりがある程度事前に予測できる点です。

塗装の場合にも下書きなどは用意されますが、最終的には車を前にしての職人さんの腕に負う部分が非常に大きく、仕上がりが満足行くものにならないというような心配もないわけではありません。もうひとつの問題がイベント車両の稼働率です。塗装の場合には、現在の塗装を落とす研磨作業から入って何度も重ね塗りをしないといけませんので、作業時間も結構かかりその間は車を稼働させる事が出来ません。

その点、ラッピングではれば、車の洗浄工程はあるものの基本的にはフィルムを貼るのと剥がすだけで済みますので、イベント車両の稼働率は各段に上昇します。イベント車両はそのものが広告であり、走らせないと価値がありませんので出来るだけ稼働率を上げておけばそれだけトータルコストの低減にも繋がります。仮に営業車に施工する場合でも台車が必要な日数の削減が直接的に費用の削減に繋がります。もちろんラッピング作業自体も低コストなのでメリットは非常に大きいのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *