イベント車両にはラッピングが効率的

何かのイベントやキャンペーンを行う際には、集客のための様々な広告をうつのは普通の事です。

現在ではSNSやホームページなどのインターネットを駆使した広告が躍進していますが、テレビやラジオなどの電波広告や新聞や雑誌の広告もローカルな世界ではまだまだ有効な方法です。中でも見逃してならないのが、イベント車両を使った広告です。イベント車両は一定の場所を巡回させる事である地域にいる人たちに確実に広告を流す事が可能な手段ですので、会場周辺部に集客ターゲットがいると考えられる場合などにとても有効です。

一例を挙げると、選挙カーなどがその最たるもので、有権者が確実にいる場所で何度も候補者の氏名や顔写真が載ったイベント車両を走らせる事で、印象付けをすることが出来るのです。このような宣伝に有効なイベント車両を制作する場合に効率的なのがラッピングという手法です。ラッピングは予め印刷されたフィルムを車に貼るだけで完成するので、塗装に比べて制作作業が簡単です。

塗装の場合には制作自体が車がないと出来ませんが、ラッピングなら作業の最後の段階だけ車があればいいからです。それに塗装の場合には研磨などの工程の中で車体を傷付けてしまう危険性がありますが、ラッピングならそのような工程がない分、車体へのダメージも少ないのです。更に一時期しか利用しないイベント車両の場合、次々と新しいラッピングに張り替えるのも効率よく行えますので、タイムラグの最小限で稼働率を上げられるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *