貸切バスのラッピングの意効果とは?

企業の広告媒体の中でも、誰もが一度は目にしたことがあるのが、街中を走るバスの広告ではないでしょうか。

広告の種類には数多くの種類がありますが、その中でも貸切バスのラッピングの効果について考えてみました。以前のバスの広告といえば、ラッピングのような細かいデザインや写真は掲載されておらず、側面や後部のパネルやステッカーが主であったため目立つこともなく、注目を集めるという点では劣るものがありました。それがバスにラッピングをするようになったことで目を引くようになり、多くの人に見てもらうことが出来るようになりました。

なにしろこの広告は目立つだけでなく、「動く」んですから。観光バスへの広告なので移動距離も長いうえ、路線バスとは違って色々なルートへ運行することによって、その間の信号待ち、サービスエリアなどでの休憩中、観光地など行く先々で必ず目に入ります。見た目のインパクトが強く、注目されること間違いなしです。

乗客目線でいえば、このバスの乗客は自分の乗る貸切バスがラッピングされていることによって、そのデザインを見てバスに戻ればいいので、似たような外観のバスで迷うことなく乗車できる利点もあります。旅行の記念にと、このラッピングされた貸切バスの前で写真を撮ることも増えるでしょうし、その写真を流行りのSNSにアップする可能性もありますので、さらに広告の範囲は広がっていきます。そういったことからも、旅客運搬以外にも広告としての収益が期待できます。広告を提案する企業にとっても、バス運営会社にとっても効果の高い広告と言えますので、双方、検討されることをお勧めします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *