貸切バスに特徴を出すにはラッピングが最適です

貸切バスを専門に扱っている会社が存在しています。

観光バス会社などが多い傾向にあり、旅行のツアー用に貸出したり、会社関連の社員のイベント用でも活用するシーンがあります。普通のバスの場合はそれぞれの会社がデザインしたカラーリングのボディになり、全車両を同じデザインにしていることが基本です。しかし、近年では競争激化により、貸切バスを効果的に宣伝しながら利用をしてもらうには、ボディに何かしらのデザインを施すことも行われています。新しい方法ではラッピングが多用されるようになりました。

バスのボディに直接にシートを貼り付ける方法で、旅行やイベントの終了時には簡単に剥がせて元通りにできるというメリットがあります。貸切バスのラッピング方法は専門に製作から施工を行う会社に依頼することが基本です。シートに自由にデザインを施すことができ、フルカラー対応でグラフィックソフトを使って製作するので、かなりの出来栄えを実現できます。ラッピングシートにも特徴があり、普通のビニール系シートではなく、伸びる素材のシートを利用していることになります。

このタイプのシートは曲面でも綺麗に施工できる他、凹凸部分やエッジ部分でも問題なく施工できるので、仕上がりはかなり綺麗です。このように貸切バスを各イベントに合わせてラッピングを施工してみると、利用者には特別感を感じてもらうことができます。専用車両として利用できるので、例えば有名な観光地などに旅行用のバスとして利用をした際にも、駐車場で迷うことなくバスを見つけられる点にもメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *