イベント車に施されるラッピングの良い点は?

イベント車に施されるラッピングは、ラミネートシートにデザインを印刷して、それを車体に貼り付けています。

貼り付けは熱で吸着させるので、本体を汚してしまうことがありません。イベント車としての使用が終わったあとは剥がすだけで元通りになります。塗装してしまうとイベント車のベースの資産価値が下がってしまいますが、ラッピングなら維持することができますし、車体の保護にもなります。ラッピングは塗装ではできない高精細な写真を印刷もできますし、どんな形の車にも貼り合わせることができる柔軟性があるのが特徴です。

印刷なら塗装にはできない表現方法も自由自在なので、思い通りにすることも不可能ではありません。デメリットとしては、施工が塗装に比べて高くなってしまうことです。これは仕方の無い部分ですが、車両価値を下げないことや表現方法の自由度などを考えると、必ずしも大きなデメリットとは言えないでしょう。

しかも、塗装のように時間がかかることもないので作業すればその日のうちから車両を活用することが可能です。プリンターとシートさえあれば個人でもラッピングはできますが、フルラッピングをするなら大型のプリンターが必要になります。また、見栄えを良くするためには丁寧な作業が必要ですし、それなりのコツも必要です。したがって、機械を持っていなかったり、綺麗に仕上げてもらいたいなら業者に頼むのが一番です。高くてもそれに見合った仕事をしてもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *