レンタカーを使うイベント車両はラッピングが安心

イベント会場には多くの人々が集まるため、イベント車両と呼ぶデザインを施した車を使って宣伝を行ったり、会場を利用せずにキャンペーンを開催する時にもイベント車両を利用して広告宣伝を行う機会が増えています。

車両にはカラフルデザインを施したものが多かったり、人目に付きやすいように大きな文字を使うなどの工夫が行われていますが、デザイン自体は車両に直接ペイントするものでなく、ラッピングフィルムと呼ぶものが採用されているケースが多いのです。イベント車両は文字通り、イベント時に活用する車で、会社が所有している営業車などではありません。短期間の利用になる関係からも、こうした専用の車を所有するケースは少なく、大半の場合がレンタカーを利用しています。

レンタカーは時間貸しや1日、1週間などのように、使用したい期間を選んで借りることができる便利なサービスですが、借りている車両に塗装を行うことは基本的にできません。しかし、ラッピングの場合はきれいに元通りにできるなどからも、借りる時の目的をイベント車両として通知しておけばデザインを容易に施すことができるラッピングでイベントを盛り上げることができるメリットがあるわけです。

尚、イベント車両は、レンタカーを借りると同時に、ラッピングの製作も手配を行っておく必要がありますが、専門の印刷会社がデザイン制作から一貫して行っているケースもあれば、自らがデザインを行ったデータを入稿して作ることもできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *