イベント車両はラッピングで飾るのがお勧めです

イベント車両のことをイベントカーと呼んだり、ラッピングカーなどを呼んだり、イベントをいかに盛り上げるかが重要なポイントになって来ます。

イベント車両は乗用車もあれば、ワンボックスカーや少し大きめの1トントラックなどが利用されることもあるなど様々です。しかし、利用する車両は自社所有の車ではなく、レンタカーを使うことが多いと言われており、車を返す時には元通りにしなければならないなど、手間暇や費用も考えておく必要があります。

ペンキを使ってデザインの施工を行う、これは従来型のやり方で、現在ではラッピングを使うことが多くなっています。ラッピングは印刷したフィルムを車体に貼り付けるだけで済む、広告を取り除く時には貼り付けたフィルムを丁寧に取り除けば良いわけですから、施工に掛かる時間の短縮にも繋がります。

イベント車両を利用するのが数日間だけなどの場合、塗装を利用して数日間掛けて施工しても、元の状態に戻すまでの時間が短ければ損をしてしまった気分にもなりがちです。ラッピングは車などに使うシールのようなもの、使用しない時にはシールを取り除けば良いなどの感覚で利用することができますので、レンタカーで利用してイベント車両に使いたい時にも最適です。

尚、イベント車両を借りて、ラッピングまでを行っている会社もあるので、このような会社を利用することで短時間でイベントに最適な車を借りることができる、それと同時に施工についても一貫して依頼ができるなどの利便性もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *