車にラッピングをする時のコツ

自分で車にラッピングをするのなら、いくつかあるコツを抑えておけば、意外と簡単に行えます。

そこでまず行っておきたいのは洗車です。実はこの作業をしっかりと行っておくことで、ラッピングが長持ちする可能性が高くなるのです。そのためホコリや砂はもちろんですが、ワックスなどはできるだけきれいに取り除くようにしましょう。そして洗い終わったら再び汚れが付着しないように、ガレージなどの屋内に車を入れておきます。

それが難しいようなら、周りに水をまいて砂ホコリが舞い上がらないようにしておけば良いです。きれいにすることができたら、もう一度ボディに水かけて湿らせておきます。乾いた状態でラッピングしてしまうと、そのまま接着してしまいます。すると位置をずらすことができないのです。ところが濡れたままだと、水分がなくなるまでの間ならいくらでも動かす方が可能なので、初心者でも失敗が少ないです。おまけにボディとラッピングの間に砂や小石が入り込んだとしても、ヘラなどで水を抜く際に一緒に取り除けるのできれいに貼り付けやすいです。

それから車にはたいてい曲線があります。そこにラッピングしてもシワができたり折れたりして、きれいに貼れない場合が多いです。そのような時は熱を加えながらやるとうまくいきます。業者はヒートガンという専門の機械を使用しますが、家庭でやるならドライヤーで十分です。熱風を当てながら、ゆっくりと引っ張ってやると徐々に伸びてくるので貼り付けてやると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *