車のラッピングは意外と簡単です

塗装と違って車のラッピングは驚くほど簡単に出来ます。

特に難しい技術も必要ありませんし、デザインは事前に印刷して切り抜いておきますから、間違いも起きにくいのです。自動車の塗り直しといえば塗装というのがまだまだ一般的ですが、このような便利な技術は積極的に使った方がいいのは言うまでもありません。車体全体の色を変えて大幅にイメージチェンジする事ももちろん出来ますし、マークやロゴなどをちょっと付けるだけという使い方にも向いています。しかも仕上がりは塗装と見分けはつきませんから、とっても使いやすいのです。

ラッピングの仕方には大きく分けて2つがありますので、少しご説明をしていきます。まずラッピングを業者に頼む場合ですが、この場合には依頼は塗装とほぼ同じ形になります。ただ塗装と大きく違うのはその工程で、デザインを決めたらまずフィルムを印刷します。このフィルムは車体の形にきっちり合うように加工されていますので、後は型通りに貼り付けるだけなのです。

全体となるとやはり多少の腕は必要になりますが、それでも塗装のような高度な技術が必要というわけでもなく、事前のプリントなので大変細かい柄でも自由に作れるところが魅力です。もうひとつは自分で作業する方法ですが、こちらはワンポイントなどを付ける際におすすめです。どうしても多少の曲がりは出てしまうかもしれませんが、慎重にやれば仕上がりはプロの作業とそう変わるはしないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *