ラッピングは車内にも有効です

配送や営業車などの広告デザインは、フィルムを貼り付けるラッピングが使われているケースが多いと言えましょう。フ

ィルムは塗装のようにペイントするものではなく、印刷が行われたものになるため、施工台数が多ければ多いほどメリットが活かされます。簡単に言うとシールを貼り付けるようなイメージです。もちろん、シールは耐久性がないため同じとは言えませんが、ラッピングに使うフィルムは耐光性に優れているため、施工の技術力に応じた耐用年数を期待できます。配送や営業車などはボディのみが施工範囲になりますが、路線バスなどの場合にはボディと内部の両方にラッピング広告を掲載することができます。

路線バスには紙の広告物を掲載する専用の場所もありますし、僅かなスペースを使って広告を掲載できるメリットもあるわけです。ボディ部分には大きく目立つ広告を掲載して路線バスを目にすることができる人々に宣伝する、路線バスを利用するお客さんには内部の広告を見て貰うこともできます。

降車の合図に使うベルにもラッピング広告の掲載ができますし、フィルムに印刷しているわけですから車両の中にあるすべての降車ベルにも掲載ができる、しかも数十台のバスにも対応可能などのメリットがあるのではないでしょうか。尚、観光地などのエリアの場合は観光客もバスを利用することが多いため、地元の特産品や飲食店、土産品を販売するお店などの広告として活用すれば集客効果や知名度アップの期待ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *