愛車のラッピングを初めてする方に推奨できること

愛車のドレスアップを考えていて、ボディにラッピングすることを検討している方は、自主的に行える範囲はあります。

初めての作業になる場合は、不安に感じてしまうことが想定できますが、段階を踏んで慣れを生じさせると自然と綺麗に施工することは決して不可能ではありません。手始めに行うことが推奨されるパーツがあり、給油口のカバーが該当します。このパーツは面積が狭く車種により違いはあるものの、極端なカーブ部分が少ないのでお試し用としては好都合です。大体はA4サイズのラッピングシートを購入すると、2回分の面積を確保できることが多いので、1度失敗をしても再チャレンジすることができるメリットもあります。

給油口カバーよりも周囲を2センチ以上大きくカットをして、正面から貼り付けを行う方法です。殆ど平らなカバーの場合は勿論簡単ですが、少しの曲面でも専用のスキージーがあれば楽に作業を進められます。

全面を綺麗に貼り付けることができた後には、余っている周囲の部分をボディから浮かせて、カバーを開けることが必要です。次のステップはカバーの内側まで貼り付ける作業なので、ヒートガン、若しくはドライヤーで温風を当てながら縁から裏側まで伸ばして貼り付けることで綺麗に仕上げることができます。給油口カバーの場合は車のラッピングでは初心者向けの初級編です。非常に簡単に施工可能ですが、実際には縁の部分を綺麗に内側に入り込ませる際には少しのテクニックは必要です。ラッピングシートの伸びの感覚を楽に体感できるパーツなので、不安に感じる方でも慣れを生じることは十分に可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *