配送車両と路線バスのラッピングの違いについて

配送車両に使うトラックやワンボックスなどのボディには企業の社名やロゴマークがラッピングされていて、どのような会社の車両であるのかがわかるようになっています。

社名やロゴマークを入れておけば、道路を走行している際に知名度を広げることができますし、社名だけでなく自社商品の広告を入れておけば、商品の認知度を広めることも可能です。路線バスなども広告掲載の依頼でラッピングを使い掲載することができますが、配送用のトラックなどと異なり、路線バスではお客さんが乗る場所にもラッピング広告を掲載できるため、乗客に対してのアピールや商品もしくはサービスの訴求に繋ぐことができるメリットがあるわけです。

配送車両の場合は道を歩く人や運転する人への宣伝になりますが、路線バスではこれからの人々に加えてバス利用客にも認知度アップの期待ができるわけです。しかも、乗車中に広告を目にすることになるため、見て考えるなどの時間を与えられます。車内には予め広告の掲載スペースが設けられていますが、ラッピングはきれいに剥がすことができるメリットがあるなどからも事前に許可の有無を確認しておけば場所を選ばない状態にすることもできるのではないでしょうか。

フィルムに印刷して生産する方式ですから車内の色々な場所に掲載する時にも便利ですし、小さなものから大きなものまで自在に印刷できる点も魅力と言えましょう。掲載期間が過ぎた後はフィルムを剥がすだけで元通りになるため、バス会社や配送車を持つ企業側にも安心感があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *