ラッピングで車に個性を出す

車を好みのカラーリングに変える場合、従来は修理業者などに依頼して塗装してもらうのが一般的でした。

しかし近年ではそうした業者の中にも、ラッピングを取り入れるところが増えてきました。塗装よりも手軽で工期が短く、色やデザインのバリエーションも豊富なことから、車のラッピングの人気は年々高まりを見せています。ラッピングとは、ボディに直接塗料を吹き付けるのではなく、色付きのフィルムで車体を包むことによってカラーを変えることができる技術です。ただ貼り付けるだけ、という手軽さに加えて、フィルムを取り替えるだけで次々と模様替えができるのが大きな魅力です。

フィルムは耐久性があるうえ、仮に剥がれたり表面に傷がついたりしても貼り直すだけでいいので、メンテナンスも簡単です。この技術の使いどころは、単に色を変えるだけにとどまりません。フィルムの表面にはプリンターを使ってさまざまな文字やイラストなどを出力できるので、それを貼り付ければボディに直接文字や絵を描くのと同じ効果が得られます。

ボンネットに派手な炎のイラストをあしらったり、営業車であれば側面に会社名を入れたりと、デザインは自由自在です。最近は好みのキャラクターをボディ全体に大きく描いた「痛車」の愛好家が増えていますが、これもラッピングの技術を使えば簡単です。業者の中にはさまざまなデザインのテンプレートを用意しているところもあるので、初めての人でも気軽に相談できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *