車に施工したラッピングを自主的に長持ちさせる手段

車のドレスアップとしてラッピングを施している場合、多くの方が気にすることは耐久性です。

本来の塗料と比較すると、耐久性は劣ってしまうことになるので、日焼けや雨による影響なども心配される内容です。耐久性は普通に使って最大で約5年とも言われているので、この範囲で買い替えをする方の場合は気にする必要もありませんが、もっと長持ちさせたい方のケースでは、自主的にメンテナンスを施すことが必要です。使える手段は車に施したラッピングの種類により違いはあります。一般的に利用されている光沢のあるシートや、4D以上のカーボンシート、メッキ系のシートの場合は比較的簡単です。

相応しい方法は液体状のワックス、若しくはコーティング剤を用いることが効果的です。液体状を利用する理由はムラにならずに綺麗にできることと、余計な塗膜を作ってしまうことが無くなることです。施工することでシート表面が保護されるので、撥水効果も期待することができ、必然的に長持ちさせられます。一方で車のラッピングに使われるシートの中には、艶消しカラーも含まれていて、現在では人気色になります。

独特の風合いを醸し出しているカラーリングになり、高級感を感じ取ることができますが、この艶消しタイプの場合は、普通の液体状のワックスなどを使ってしまうと、せっかくの艶消しが輝いてしまいます。ムラが発生してしまうことも多いので何かと不便ですが、新しいアイテムとして艶消しボディ用のコーティング剤が販売されているので、特殊ではありますが、長持ちさせるには専用剤を用いることが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *