車の「ラッピング」とは

車の「ラッピング」とはカラーラッピングとも呼ばれ、車にオリジナルのデザインを張り付けたり好きなカラーリングにしたいときに利用される加工のひとつです。

自分の車にオリジナルティを出せるのでより自分らしい車に出来るほか、ラッピングは塗装と異なり、剥がせばいつでも元の状態に出来るので将来的に中古に出したいと思っている方でも楽しめます。ラッピングを行う事で塗装面の保護にもつながるので、コーティングを長持ちさせたい方にもおすすめです。デメリットとしては全塗装と比べて高額になりやすく、耐用年数は3年程度ということです。塗装は適切な手入れを行えば10年以上持たせることが出来るので、コストがかかってしまう事は覚えておきましょう。

上からワックスをかけたり、傷ついた場合に補修が出来ない点にも注意が必要です。洗車は出来ますが、基本的には短期間、着せ替え感覚で楽しむものと割り切ったほうが良いでしょう。カラーラッピングの場合はほとんどの場合でパソコンを利用して行われるため、自由で様々なデザインが楽しめます。

フルカラーにもできるので、写真やオリジナルのイラストなどを使用するのも良いでしょう。メーカーの純正色にないオリジナルのカラーや、質感を再現することもできるので好きなデザインを選んでみて下さい。自分で行う方法もありますが、プロに任せればよりハイクオリティな仕上げが可能となります。今のデザインに飽きてしまった時などに、試してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *