メッキ系で注意したい車のラッピングの情報

車のラッピングを考えている方の中には、選ぶシートをメッキタイプにしたいと考える方も多いのではないでしょうか。

メッキ系の場合は実車では再現することが非常に難しいカラーリングになることから、仕上がりは格別なものを感じることができます。かなり目立つ状態にすることができ、美しい光沢を満喫できるタイプです。このメッキ系の車のラッピングシートを選ぶ際には、注意事項というものも存在しています。低料金で販売されているタイプの中には、熱を与えても十分な伸びがなく、綺麗に施工できないばかりか、伸ばした際に破れてしまう可能性も否定できません。メッキ系の場合は輝きを優先しているので、少しの手違いでも施工後はその箇所が目立ってしまうので、品質は十分に考慮する必要はあります。

施工する際にラッピングシートの表面に傷を付けてしまうというリスクがあることも、メッキ系のものでは多々あります。一般的にはスキージーを用いて施工する方法になりますが、メッキ系のシートの場合はたとえスキージーの先端にフエルトが付けられていても、細かな擦り傷が付いてしまうことも多いものです。傷を避けて施工可能な車用のラッピングシートの場合、特にメッキ系は3層構造に仕上がっているタイプを選ぶことは重要です。

3層構造とは糊面を保護するシートとメッキシート、その上に表面保護シートが取り付けられているタイプが該当します。3層構造は施工した最後に表面の保護シートを剥がす方法なので、メッキシートに直接に傷が付いてしまうことが無くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *